介護付き旅行・バリアフリー観光サイト

介護旅行ねっと

日光東照宮の見どころ解説。世界遺産で時の流れを感じよう。

栃木県 観光

公開日 : 2020年09月25日 | [更新日] 2020年09月25日

世界遺産にも登録されている日光東照宮は、徳川家康が創建した神社です。歴史的建造物としての価値はもちろん、自然の中に建つその威厳は、時代を超えて語りかけてきます。

日本全国のみならず、多くの海外の方がが日本を訪れています。

この記事では、日光東照宮の見どころをご紹介します。

1.日光東照宮ってどんなところ?

日光東照宮

日光東照宮には、江戸幕府の初代将軍・徳川家康が「東照大権現」として祀られています。

正式名称は東照宮ですが、他の東照宮と区別するために「日光東照宮」と呼ばれています。

1999年12月2日、東照宮、日光二荒山神社、日光山輪王寺が「日光の社寺」として世界遺産に登録されました。

2.陽明門

日光東照宮の建物のうち、国宝は8棟、重要文化財は34棟。その8つの国宝のうちの1つが「陽明門」です。

建物全体が芸術的な彫刻で埋め尽くされているため、一日中見ていても飽きないと言われており、「日暮御門」とも呼ばれています。

3.魔除けの逆柱

陽明門の逆さの柱は魔除けのためにあると言われています。

柱の一本だけは、柱に彫られた模様が逆になっているので、すぐにわかるります。

実はこれは間違いではなく、「建物は完成するとすぐに崩れ始める」という言い伝えによれば、柱はわざと不完全なものにして魔除けをしているのだそうです。

4.鳴龍

鳴龍

薬師堂の上に描かれている「鳴竜(なきりゅう)」。実際に見てみると、その大きさに驚かされます。

龍の頭の下で手を叩くと音が響き、龍が泣いているように聞こえることから「鳴龍」と呼ばれています。

今ではお寺の人たちが音を出してくれています。

狩野永真安信が描いたものですが、失われてしまったため、堅山南風によって復元され、現在の鳴竜となっています。

5.眠り猫(裏面の雀)

眠り猫

日光東照宮には木彫りの動物像が多く、そのほとんどが平和を象徴すると言われています。

左甚五郎の作といわれる「眠り猫」は、東回廊の奥社参道の入り口にあり、国宝に指定されています。

裏で雀が舞っているので「猫も寝るほどの平和」、と言われていますが、よく見ると前足を踏んばっています。

実はこれ、寝たふりをしていると言われており、実際は家康を守るためにいつでも飛び跳ねることができる姿勢をとっているのだそう。

6.見ざる、聞かざる、言わざるの三猿

三猿

三猿(さんざる、さんえん)とは「見ざる、聞かざる、言わざる」というゴロの良さから、日本が発祥だと思っている人も多いようですが、古代エジプトなど世界各地で見られるモチーフです。

日本だけでなく、海外でも「Three wise monkeys」として知られています。

日光東照宮の三猿は、子供の頃は悪いことを見ない、聞かない、言わない方が良いという教えを表しています。

そしてこの三匹の猿は、人間の人生の彫刻的な物語の一部なのです。訪れた際には、この物語をじっくりと楽しんでみてください。

日光東照宮の基本情報

・住所: 栃木県日光市山内2301
・アクセス: 浅草 ~ 東武日光(特急けごん):所要時間 約1時間50分
・営業時間:4月~10月 8:00~17:00/11月~3月 8:00~16:00
・電話番号:0288-54-0560
・料金: 大人・高校生1300円/小・中学生450円
・公式サイトURL: http://www.toshogu.jp/

日光東照宮のバリアフリー情報

平成27年の400年式年大祭記念事業としてスロープの一部設置という形で可能な限りのバリアフリー化を実現しました。
これにより現在は、通用門より入場いただくことができるようになり、陽明門大階段下の御水舎付近まで介添同伴が条件ではあるものの、車椅子をご使用の方でも進入することが可能です。

なお、平時は通行できませんので、スロープ利用の際は介添の方を伴った上で、拝観受付所の職員にお声がけください。
 
(引用:日光東照宮

まとめ

日光には、日光東照宮をはじめとする自然や史跡がたくさんあり、首都圏や都市部から日帰りで楽しむことができます。

日光東照宮の一大行事の一つである「流鏑馬(やぶさめ)神事」は、馬上から矢を射る武者修行のために行われていた「流鏑馬(やぶさめ)神事」を現代に伝える重要な神事として受け継がれています。

日光東照宮はまだまだ見所がいっぱいで、ずっと見ていても飽きません。

時の流れを感じながら楽しみましょう。

WRITER

栃木県出身のA型。父の影響で幼少時代から剣道だけして過ごしてきました。なので、負けず嫌いかもしれません。座右の銘は「知行合一」。 好きな食物は、お米、味噌汁、ラーメン、辛い物。 普段は病院の受付をしていますが、介護旅行ねっとでは実際にお出かけもしています。

一緒に、旅行いきませんか?

はじめまして。介護旅行ねっとです。

介護旅行ねっととは、介護が必要な方障がいを持つ方のための旅行・バリアフリー観光予約サイトです。
看護師・介護福祉士など資格を持ったスタッフと一緒に旅行に行くことができます。
ちょっとしたお出かけの外出支援・日帰り旅行から海外旅行まで。
また車椅子など要介護者の方、高齢者の方のみならず、 お子様向けや家族・団体旅行などぴったりの旅行プランをご提案します。
ぜひご相談(無料)ください。

安心安全の取り組み

~ 介護が必要な方でも安心して旅行ができるように ~

1.厳選された有資格者が同行します

介護旅行ねっとから同行するスタッフは、介護福祉士や看護師などの有資格者のみ。また、専門知識のみならずご挨拶やおもてなしなど、当社の独自の研修を用意。スタッフの合格採用率は8%と厳選されたスタッフがお連れします。

2.感染症の専門医による監修

新型コロナウイルスにより、不要不急の外出を控える中、旅行を諦めてしまっている方が多くいらっしゃいます。介護旅行ねっとではICD(インフェクションコントロールドクター)である感染症や感染制御、院内感染対策を専門に取り扱う医師が事前にチェック。医療の専門的な立場から、安心・安全に旅行いただけるかをチェックしております。

3.旅行のプロだからできる旅行

介護旅行ねっとは旅行業の第2種を扱う旅行会社です。そのため旅行プランの作成はもちろんのこと旅行のエキスパートだからこそできる特別なお値段や、様々なパッケージをご用意しております。面倒なことはすべてお任せして、ぜひあなただけのスペシャルプランを作ってみてください。

介護が必要なご家族の方へ

「家族旅行に行きたいが、行けるところが限られて楽しめない。」
「結婚式に呼びたいが、食事や介助を家族がやるのも大変。」
「祖父母にも旅行を楽しんでほしいが、怪我のリスクや病気の突然の変化が怖い。」
自分たちだけではできない介助、ぜひ、お手伝いさせてください。
お客様のお身体や、ご希望に合わせた安心旅のプランを手配します。

旅行先実績/例
・温泉旅行
・ふるさとへの里帰り
・お孫さんの結婚式へのご出席
・お墓参り
・入退院の付き添い
・同窓会などのお集まり
・美容院やショッピング
など。その他ご希望をお問い合わせください。

新着記事

介護旅行ねっと
バリアフリー旅行スタッフ募集!
スタッフに応募する 介護旅行ねっと

都道府県から探す

北海道・東北エリア
北海道
青森県
岩手県
秋田県
山形県
福島県
宮城県
関東エリア
東京都
神奈川県
埼玉県
千葉県
茨城県
栃木県
群馬県
山梨県
信越・北陸エリア
新潟県
長野県
富山県
福井県
石川県
東海エリア
愛知県
岐阜県
静岡県
三重県
近畿エリア
大阪府
兵庫県
京都府
滋賀県
奈良県
和歌山県
中国エリア
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
四国エリア
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
九州・沖縄エリア
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

介護旅行ねっととは
介護が必要な方、障がいを持つ方のための旅行・バリアフリー観光サイトです。外出支援・日帰り旅行から海外旅行まで。また車椅子など要介護者の方、高齢者の方のみならず、お子様向けや団体旅行などぴったりの旅行プランをご提案します。ぜひご相談ください。

介護旅行ねっと対応 一部例
車椅子 / 脳血管疾患(脳卒中)/ 認知症 / 高齢による衰弱 / 関節疾患(リウマチなど)/ 心疾患(心臓病)/ パーキンソン病 / 糖尿病 / 呼吸器疾患(肺気腫、肺炎など)/ 悪性新生物(がん)/ 脊髄損 / 視覚・聴覚障害 などその他

介護旅行ねっとでできること
・お体の状況に合わせた旅行の企画やオリジナルプランの作成
・ご同行させていただく看護師・介護福祉士の手配・安心して移動できる交通手段の手配
・ゆとりをもった観光地、施設の状況確認と調整
・安心して宿泊できるバリアフリー・ユニバーサルデザインのお部屋の手配
・お食事内容の確認と調整・旅行先での車いすのレンタルや、置き型手すりや四点杖などの福祉用具のご手配その他、やってみたい!と思うことご相談ください。できる限り寄り添えたらと思います。